売上アップのために店舗内装で大切だと思った要素

店はお客さんが5人以上いると少し圧迫感を覚えるような狭さ

店はお客さんが5人以上いると少し圧迫感を覚えるような狭さです。
食事をできるスペースも設けるので、下手をすると1人で来店した場合でも窮屈な印象を与えてしまいます。
同時に来店するのは3人ぐらいまでだろうと考え、それプラス店員が接触できずに一人すれ違えるようなレイアウトにしました。
具体的には、1m強の間隔を目安としてカウンターや椅子などのインテリアを配置するというものです。
また、視覚的に広さを感じてもらうことが重要だと感じました。
そのため、床や壁は開放感のあるパステルカラーを基調とした配色です。
食べ物を扱うので清潔感があることも欠かせませんが、その配色は綺麗に見えやすいということもポイントになっています。
ここまでは店舗内装を検討できましたが、自分の知識だけでは不足していて手詰まりな箇所もありました。
それは水回りであり、配管工事を要するので素人が勝手に決めるわけにはいきません。
ただし、お客さんからは見えない部分であるため、その良し悪しが集客には直結しないだろうと思いました。
もちろん使い勝手も重要なので、そういう意味では効率的なものに仕上げる必要があります。
そのため水回りに関しては、専門知識を持っている施工業者に一から任せるのがベストという結論にいたり、父親にも説明して承諾してもらえました。

家族で店舗を出すことを計画入りやすくて居心地の良い店舗店はお客さんが5人以上いると少し圧迫感を覚えるような狭さ

店舗内装 : 店舗内装工事の発注先はどう選ぶ?デザイン・費用・実績など業者選び ...