売上アップのために店舗内装で大切だと思った要素

家族で店舗を出すことを計画

家族で店舗を出すことを計画していたので、自分もいろいろと案を出した経験があります。
扱う商品はベーグルで、カットした部分にいろいろな種類の具材を入れるというものです。
父親はおいしそうなラインナップを用意すれば、多くのお客さんが来てくれると考えていましたが、自分はそう簡単に成功しないだろうと予想しました。
たしかに当時の日本では、ベーグルはそれほどメジャーではなかったので、一時的に流行る可能性は十分にあります。
しかし、いずれベーグルがどこのパン屋でも買えるほど一般化したときに、果たして生き残っていけるか疑問に感じたのです。
もっと多くの観点から売上をアップさせる工夫を盛り込んでいく必要があると思いました。
そこで自分が提案したのは、購入したベーグルをその場で食べられるスペースを設けることです。
ドリンクなども用意することで、シンプルな喫茶店としての役割も持たせたら良いと感じました。
ベーグルだけで勝負したい父親は難色を示しましたが、店舗には付加価値が求められる時代であると説明して納得させたことを覚えています。
ただし、その引き換えとして、店舗内装を自分が考えることになってしまいました。

家族で店舗を出すことを計画入りやすくて居心地の良い店舗店はお客さんが5人以上いると少し圧迫感を覚えるような狭さ